赤ちゃんによって、よだれが多い子とそうでもない子がいます。よだれの量が多いと、どうしてもよだれかぶれが出てしまい、ケアに困ってしまう方も多いのでは?

よだれが出るということは、健康的な証拠です!かぶれのケアは大変ですが、対策を取り入れることでキレイな肌に戻っていきます。前向きな気持ちでケアしてあげてくださいね。

よだれかぶれは、口の周りだけではなく、首の周りや胸に達する場合もあります。赤ちゃんの肌はデリケートなので、よだれも刺激物になってしまうので、湿った布でこまめに優しく拭き取ってあげましょう。

よだれかけもすぐにビショビショになってしまいますが、何度も交換するか、よだれかけではなく、思い切ってタオルを巻いてあげる方法も有りです。

拭き取るといっても、固めの素材ではNGです。余計に肌トラブルの原因になってしまうので、柔らかく吸収性の良いハンカチガーゼが一番おすすめですよ!

拭いたあとはベビークリームやワセリンを塗って保湿をして乾かします。
基本的にはこの繰り返しです。

よだれ→拭き取る→保湿→乾かす。これを繰り返していきましょう。
面倒ですが、これが一番良い対策です。

時には、よだれが出っぱなしで乾く暇がないという赤ちゃんも・・・。
そのような場合は、保湿クリームはせずに湿った柔らかいハンカチで優しく拭き取るだけにしましょう。

拭き取る時に強くこするように拭き取るのではなく、優しく拭き取るのがポイントです。
対策を知っておくだけでも、よだれかぶれを改善させることができるので、ぜひ試してみてくださいね!