赤ちゃんのよだれかぶれに「ロコイド」を利用する人もいると思います。

「ロコイドってなに?」
ロコイドとは、皮膚の炎症を抑える塗り薬で、赤みやはれ、かゆみなどの症状を抑えるステロイドの塗り薬です。

ステロイドが含まれているということで、赤ちゃんに使用するのはちょっと不安に感じる人も多いのではないでしょうか?
しかし、ロコイドはステロイドの中でも弱めの薬で副作用もほとんどありません。これに、アズノールやヒルロイドなどの保湿剤を混ぜて処方することで、さらに副作用の心配はへるので、試してみる価値はありますね。

特に、赤みのある部分に薄く塗り、何度も塗るのではなく1日1回から2回にして様子をみていきましょう。

薬は、肌を清潔にしてから塗ることがポイントです。

夏場はよだれかぶれにプラスされ、汗もかいています。
シャワーやお風呂で肌を清潔にしてから使うことで、よだれかぶれの進行を抑制していきます。
また、できるだけアレルギー科を専門としたお医者さんや病院だと安心です。

薬に対して不安に感じることがあれば、きちんと筆問して納得した上で利用することが大切です。
安心できる病院であれば、対応も行き届いているので、不安に感じていることも解決出来ると思いますよ!

ロコイドはステロイドが含まれている塗り薬ですが、正しい処方をすることできちんと改善させることができ、早く回復させることができます。

赤ちゃんに一番使われている塗り薬がロコイドなので、怖がらずに利用していきましょうね。