よだれかぶれがひどいと、病院へ行き、薬を処方されてきます。ステロイドと聞くと、「え?大丈夫なの?」と感じる人も多く、実際薬を使用しなかったというケースも多いのでは?

ステロイドには段階があり、一番弱いステロイドであれば、赤ちゃんの肌でも大丈夫なものなので、安心して利用することができるのですよ!

病院の医師が処方したものであれば問題はありませんが、一番怖いのは、自分で薬局へ行き、薬を選んで塗ることです。

赤ちゃんの肌に合っていない薬を選んでしまうと、逆に症状が悪化してしまい、余計にかゆみが出てくるばあいもあるので、自分の判断で薬を選ぶのではなく、医師との相談のもと選ぶことが重要なのです。

また、症状や赤ちゃんの月齢によっても処方されるステロイドの強さは変わってきます。よだれかぶれの肌荒れが気になるのであれば、病院で処方される薬をもらったほうが一番安心で安全ですよ。

ステロイドは5段階に分けられ、それぞれ強さでランク付けされています。
・群(最強)・群(非常に強い)・群(強力)・群(中程度)・群(弱い)
で表します。

赤ちゃんに利用する際は、少量を薄く塗り、何回も付けるのではなく、1日1回、2回程度で様子を見ながら塗ってあげましょうね。
ステロイドが含まれている塗り薬を利用したら、逆に肌が荒れてしまったというケースは結構聞きますよね?

いざ使うとなるとためらってしまいますが、赤ちゃんのよだれかぶれの症状も抑えてあげたいものです。

全く利用しないのではなく、少量を薄くのばしていき、経過をこまめに確認をしていき、様子をみながら判断していくことが大切ですね。